2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】環太平洋大、熊倉巽選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、環太平洋大、熊倉巽選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

環太平洋大、熊倉巽選手の略歴、出身

出身 新潟県
身長/体重 174cm/82kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 一塁手、外野手
出身校 浦和学院高(埼玉)

 

高校時代は主に4番ファーストを務めていました。

夏の大会に関してはケガをしていたのか、不調だったのかまでは不明ですが、出場記録がありません。

当時はエースの小島和哉投手を援護する4番打者として注目されていたようです。

環太平洋大、熊倉巽選手の実績

環太平洋大学は中国六大学野球リーグに所属しています。

熊倉選手は1年のころからリーグ戦に出場していました。

高校時代は一塁手でしたが、大学では外野手も務めています。

ベストナイン等の受賞歴はありません。

【スポンサーリンク】

環太平洋大、熊倉巽選手の特徴

打撃フォームはスクエアスタンスで、背筋を伸ばした状態で歩幅を狭めて構えてボールを引き付けて打つスタイルを取っています。

パンチ力があり、長打を期待できるのが特徴です。

脚力はそこまで速くないようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校では実績がありますが、大学での実績が全くない選手になります。

実績が少なすぎるので、ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】秀岳館高、上原敦己選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】