【2018年中日ドラフト4位】関東一高、石橋康太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、中日ドラフト4位、関東一高、石橋康太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

関東一高、石橋康太選手の略歴、出身

出身 千葉県四街道市
身長/体重 180cm/88kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手
出身校 関東一高(東東京)
17年秋実績 東京大会2回戦(●1-5早稲田実)
18年春実績 東京大会8強(●4-6早稲田実)
18年夏実績 東東京大会4強(●3-5二松学舎大付)
甲子園実績 1年夏1回戦(●1-2広島新庄(広島))

関東一高、石橋康太選手の実績

高校時代は1年春からベンチ入りしています。

1年夏の大会は5番ファーストでレギュラーを獲得し、甲子園でも現北海道日本ハムファイターズの堀投手から2安打を放ちました。

その後、膝の怪我をしてしまい2年夏までリハビリに励みました。

復帰後の2年夏の大会では4番ファーストでレギュラーを務め、4試合連続ホームランの離れ業を記録しています。

2年秋から本格的に捕手に復帰し、3年夏の大会では、3番キャッチャーでレギュラーを務めましたが、チームは4強で敗退しました。

【スポンサーリンク】

関東一高、石橋康太選手の特徴

捕手としての二塁送球の到達タイムが最速1秒80の強肩の持ち主です。

高校通算で57発のホームランを放っています。

打者としては長打力を持ち合わせた強打者で、振り切るスイングができるのが持ち味です。

フットワークも軽く、高校生No.1捕手と評するスカウトもいるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校での実績も十分で、素材としてとても魅力的で、プロも複数球団が注目している捕手になります。

ドラフトで指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

10/25追記

中日ドラフト4位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年中日ドラフト2位】東洋大、梅津晃大選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする