2018ドラフト(高校)

【2018年巨人育成ドラフト1位】健大高崎高、山下航汰選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、巨人育成ドラフト1位、健大高崎高、山下航汰選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

健大高崎高、山下航汰選手の略歴、出身

出身 大阪府柏原市
身長/体重 174cm/78kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手・一塁手
出身校 健大高崎高(群馬)
17年秋実績 群馬大会優勝(○16-7関東学園大付)/関東大会8強(●5-7明秀日立(茨城))
18年春実績 群馬大会優勝(○5-4関東学園大付)/関東大会優勝(○15-10日大三(西東京))
18年夏実績 群馬大会準優勝(●5-6前橋育英)
甲子園実績 2年春センバツ8強(●2-9秀学館(熊本))

健大高崎高、山下航汰選手の実績

高校時代は1年夏から4番ファーストでレギュラーを務めていました。

1年夏は打率.471、打点6の成績を残しています。

2年春のセンバツでは2本の満塁ホームランを含む打点11を上げてチームを8強に導いています。

3年間の公式戦通算で、打率.385、35安打、7本塁打、打点28、盗塁2の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

健大高崎高、山下航汰選手の特徴

高校通算で75発の本塁打を放っている長打力が魅力の左の強打者になります。

足を大きくホーム側に上げてタイミングを取って振り切るスイングが持ち味です。

プロ野球選手でいえば、読売ジャイアンツの坂本選手のような打撃フォームになっています。

長打力がありながら50m6秒5の脚力も持ち合わせています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロ球団も複数の球団が注目している選手ですので、ドラフトでも上位指名が期待されています。

期待しましょう!

 

10/25追記

巨人育成ドラフト1位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年巨人ドラフト6位】聖心ウルスラ高、戸郷翔征選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】