2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】近大産業理工、喜屋武一輝選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、近大産業理工、喜屋武一輝選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

近大産業理工、喜屋武一輝選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 174cm/79kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 興南高(沖縄)

 

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年夏の大会は、リリーフとして、1試合に登板しましたが、チームは初戦で敗退しました。

この試合は9回同点の場面で喜屋武選手が打たれて前原高に1-2でサヨナラ負けを喫しています。

甲子園出場経験はありません。

近大産業理工、喜屋武一輝選手の実績

近大産業理工は九州地区大学野球連盟一部に所属しています。

與那嶺選手に関しては情報が聞こえてきませんが、ベストナイン等の表彰選手の経験はないようです。

【スポンサーリンク】

近大産業理工、喜屋武一輝選手の特徴

最速147km/hの直球を投げるようですが、持ち球の変化球は不明です。

投球フォームはノーワインドアップからゆっくり足をあげて重心を下げながらスムーズに体重移動して投げ込むスタイルを取っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現時点では情報が少なく、実績もないように映ります。

ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】沖縄大、與那嶺光選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】