2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】近畿大、小寺兼功選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、近畿大、小寺兼功選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

近畿大、小寺兼功選手の略歴、出身

出身 大阪府松原市
身長/体重 182cm/83kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 岡山理大付高(岡山)

 

高校時代は1年秋から控えとしてベンチ入りしていました。

2年秋からはエースとしてチームを牽引し、中国大会8強まで進みました。

3年夏は関西高に敗れて惜しくも準優勝に終わっています。

甲子園出場経験はありません。

近畿大、小寺兼功選手の実績

大学では2年秋からリーグ戦に出場しています。

3年春からエースを任され、3勝、防御率2.62の成績を残しました。

以降毎年防御率も2点台中盤と安定した成績を残し続け、

4年春までの通算では、10勝、140.2投球回、防御率2.30、奪三振率8.57の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

近畿大、小寺兼功選手の特徴

最速144km/hの直球と、スライダー、チェンジアップをあやつるスリークウォーター左腕です。

常時上体をやや一塁側に傾けたセットポジションから重心を下げて一瞬タメを作ってから素早く体全体を使って投げ込んできます。

基本的には真っ直ぐとスライダーのコンビネーションで投球を組み立てています。

制球面にややばらつきがありますが、そのばらつきを逆手にとって内角外角に散らす投球が持ち味です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学2年の秋から安定した成績を残してきている逸材になります。

貴重な左腕でもあり、多くのプロ球団から評価されている選手になりますので、ドラフトでは指名される可能性は十分ある投手だと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】関西大、山本隆広選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】