中日ドラゴンズ

【中日】木下拓哉選手ってどんな選手?特徴、出身、経歴、実績、プレースタイルとは?

どうもつっつーです。

今回の記事では、中日ドラゴンズの木下拓哉選手ってどんな選手?ということで、木下拓哉選手の特徴や出身、実績、プレースタイルについて調べてまとめてみました。

この記事を読んで木下拓哉選手のことをもっともっと理解して応援していきましょう!

【スポンサーリンク】

木下拓哉選手の出身、経歴、年俸

名前 木下拓哉(きのしたたくや)
年齢、プロ実働年数 28歳、社会人4年目(2019年度時点)
推定年俸 1000万円
生年月日/血液型 1991年12月18日/B型
身長/体重 183cm/92kg
投打 右投右打
ポジション/背番号 捕手/35
出身 高知県高知市
略歴 高知(高知)-法大-トヨタ自動車-中日(2015年ドラフト3位)
アマチュア時代実績 08年春甲子園1回戦、09年夏甲子園2回戦、14年日本選手権優勝、15年都市対抗8強

高校時代は2年春から正捕手のレギュラーをつかみ、2年夏と3年夏の甲子園に出場しています。

なお、当時のエースは現在、北海道日本ハムファイターズの公文克彦投手で彼とは同級生です。

大学時代は3年春にベストナインに選出され、現在横浜DeNAベイスターズの三嶋一輝投手や石田健大投手とバッテリーを組んでいました。

社会人時代は1年目から正捕手のレギュラーをつかみ、日本選手権優勝や都市対抗野球8強に貢献しています。

木下拓哉選手の実績

○一軍成績

年度 打数 安打 打率 本塁打 打点 盗塁 三振 長打率 出塁率
2016 18 5 .278 1 2 6 .556 .316
2017 78 15 .192 4 21 .256 .289
2018 25 3 .120 1 2 9 .280 .214
通算 121 23 .190 2 8 36

○二軍成績

年度 打数 安打 打率 本塁打 打点 盗塁 三振 長打率 出塁率
2016 100 30 .300 3 12 13 .420 .375
2017 13 6 .462 1 6 3 .769 .619
2018 24 6 .250 1 4 1 6 .500 .357

社会人出身の即戦力ということもあり、1年目から一軍実績があります。

1年目の2016年8月7日には横浜DeNAベイスターズ戦で初スタメンを果たすと、その試合で今永昇太投手からプロ初安打プロ初本塁打プロ初打点を左超えソロホームランで記録しています。

二軍でも高打率好成績を残し、基本的には一軍での正捕手争いをしているため数字上の成績は少ないものの一軍帯動日数は安定的に高い数字を残しています。

【スポンサーリンク】

木下拓哉選手の特徴、プレースタイル

ややオープンスタンスからボールを呼び込んでスイングするのが特徴です。

三振も少なめで長打力があるのも魅力ですね。

一軍では打数が少ないので打率は低めですが、二軍では高い打率を残した実績もあり打てる捕手の候補として言えるのではないでしょうか。

打撃フォームはこちら↓↓

木下拓哉選手のバッティングフォーム

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中日の捕手は松井雅人選手、大野奨太選手、加藤匠馬選手、桂依央利選手、杉山翔太選手など粒ぞろいですが、全員まだ正捕手とは言い切れない選手ばかりです。

世代的には松井雅人選手、大野奨太選手の次の世代なので、加藤匠馬選手、桂依央利選手、杉山翔太選手が同年代でライバルになります。

レギュラー争いに勝っていつか正捕手の座をつかんでほしいですね。

期待しましょう!!

【スポンサーリンク】