2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】神戸医療福祉大、兼板優貴選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、神戸医療福祉大、兼板優貴選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

神戸医療福祉大、兼板優貴選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 172cm/71kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 外野手
出身校 鳴門渦潮高(徳島)

 

高校時代、甲子園出場は果たせませんでした。

3年夏の県大会は1番センターでスタメンで出場し、決勝まで駒を進めましたが3年連続甲子園出場となる鳴門高校に5-6で惜しくも敗れました。

2学年上に現福岡ソフトバンクホークスの美間優樹選手、同級生に元広島東洋カープの多田大輔選手がいます。

神戸医療福祉大、兼板優貴選手の実績

大学では1年からリーグ戦に出場を果たしています。

1年秋は外野手として打率.450、打点12の好成績でベストナインを獲得しています。

2年以降は情報がありませんが、4年春はベストナインを逃しています。

【スポンサーリンク】

神戸医療福祉大、兼板優貴選手の特徴

野球選手として小柄ですが、高校、大学ともに主に1番打者を務めるリードオフマンタイプの外野手のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1年時にベストナインを獲得して以降、情報がなく、所属リーグも主に三部リーグになるのであまり表舞台に出ていないようです。

現時点ではドラフトで指名される可能性は低いと思います。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】奈良学園大、米満凪選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】