【2018年ドラフト】神戸国際大付高、石川翔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、神戸国際大付高、石川翔選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

神戸国際大付高、石川翔選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 165cm/71kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 二塁手
出身校 相生学院高(兵庫)
17年秋実績 兵庫大会1回戦(●3-4神港学園)
18年春実績 兵庫大会8強(●1-6滝川二)
18年夏実績 東兵庫大会4強(●2-3報徳学園)
甲子園実績 2年春1回戦(●1-2東海大福岡(福岡))、2年夏3回戦(●1-2天理(奈良))

神戸国際大付高、石川翔選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、控えとして1試合代打で出場し、1打数0安打、打率.000の成績に終わりましたが、チームは春夏連続での甲子園出場を果たしました。

しかしながら甲子園では出場機会はありませんでした。

3年夏の大会は、1番セカンドでスタメン出場し、24打数9安打、打率.375、打点3の成績を残しましたが、チームは4強で敗退しました。

【スポンサーリンク】

神戸国際大付高、石川翔選手の特徴

野球選手としては小柄ながらコンパクトに打てる右の巧打者です。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームで、投球と同時に左足をやや高くあげてそのまま左足でタイミングを取り、コンパクトに振り切るスイングをしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績が少なく、プロからの評価も聞こえてこない選手ですが、3年で急激に伸びてきた選手になります。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性はなくはないと思われます。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】相生学院高、村上泰士選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする