【2018年ドラフト】高知大、道原順也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、高知大、道原順也選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

高知大、道原順也選手の略歴、出身

出身 京都府
身長/体重 182cm/70kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 西京高(京都)

高校時代は3年から主戦としてベンチ入りを果たしており、チームは3回戦まで進出しています。

道原選手は1回戦から3試合すべてに先発登板で完投し、27投球回、被安打22、失点7の成績を残しています。

中でも素晴らしかったのは3回戦の強豪龍谷大平安戦で、0-3で敗れたもののこの年のセンバツ覇者の平安打線を被安打7、失点3に抑える好投を見せました。

甲子園出場経験はありません。

高知大、道原順也選手の実績

3年春に42投球回で防御率2.57、3年秋に41投球回で防御率1.54の成績を残しています。

4年秋は9/30現在3勝を挙げており、四国大学野球連盟一部でチームは3位につけています。

【スポンサーリンク】

高知大、道原順也選手の特徴

最速139km/hの直球と、ツーシーム、カットボールをあやつる右腕です。

常時セットポジションから右腕を一旦下げて一瞬タメを作ってから投げる投球フォームとなっています。

横縦の変化球を持っていないようなので、ツーシームとカットボールで打たせて取るタイプの投手と思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はそこそこありますが、プロでやっていくには球速と変化球が足りていないように思います。

プロ球団からの評価や詳細の情報もあまりないため、ドラフトで指名される可能性は低いものと思います。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】びわこ成蹊スポーツ大、小川智史選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ラキオ より:

    コメント失礼します。
    道原順也君は京都府出身です。
    高校名は同じですが高校時代は京都の西京高校です!
    どうしてもこの間違いは訂正したくてコメントさせていただきました。

    • tatsuasu より:

      返信遅くなり申し訳ありません。ご指摘ありがとうございます。調べなおして訂正いたしました。

  2. 通りすがり より:

    道原くんは京都にあるもう一つの西京高校出身ですね。
    選抜王者の平安を相手に3失点完投という記事があります(^^)

    • tatsuasu より:

      返信遅くなり申し訳ありません。ご指摘ありがとうございます。調べなおして訂正いたしました。

  3. かえる より:

    道原さんは京都の進学校西京高校出身です。
    高校時代は三回戦で龍谷大平安に3-0で敗れていますが、3点しか取らせなかったいい試合でしたよ。

    • tatsuasu より:

      返信遅くなり申し訳ありません。ご指摘ありがとうございます。調べなおして訂正いたしました。