東京ヤクルトスワローズ

【東京ヤクルト】古賀優大選手ってどんな選手?特徴、出身、経歴、実績、プレースタイルとは?

どうもつっつーです。

今回の記事では、東京ヤクルトの古賀優大選手ってどんな選手?ということで、古賀優大選手の特徴や出身、実績、プレースタイルについて調べてまとめてみました。

この記事を読んで古賀優大選手のことをもっともっと理解して応援していきましょう!

【スポンサーリンク】

古賀優大選手の出身、経歴、年俸

名前 古賀優大(こがゆうだい)
年齢、プロ実働年数 21歳、高卒3年目(2019年度時点)
推定年俸 580万円
生年月日/血液型 1998年8月7日/B型
身長/体重 177cm/74kg
投打 右投右打
ポジション/背番号 捕手/57
出身 福岡県柳川市
略歴 明徳義塾(高知)-東京ヤクルト(2016年ドラフト5位)
アマチュア時代実績 15年夏甲子園1回戦敗退、16年春甲子園1回戦敗退、16年夏甲子園4強

高校時代は名門明徳義塾高において1年秋からレギュラーに定着し、2年夏から3年夏まで3季連続で甲子園出場を果たしています。

高校通算5本塁打とそこまで長打力が買われているわけではないですが、遠投110mという強肩が捕手として武器になっています。

50mは6秒5となっています。

古賀優大選手の過去5年の実績

○一軍成績

年度 打数 安打 打率 本塁打 打点 盗塁 三振 長打率 出塁率
2017
2018 15 1 .077 1 2 .077 .143
通算 15 1 .077 1 2

○二軍成績

年度 打数 安打 打率 本塁打 打点 盗塁 三振 長打率 出塁率
2017 159 33 .208 1 21 3 12 .258 .270
2018 259 58 .224 21 11 27 .243 .285

1年目、2年目ともに二軍の正捕手として多くの試合出場をこなし経験を積んでいます。

2年間で打点42というのは高卒2年間の数字としては良い内容だと思いますし、2018年には盗塁も二桁マークし足の魅力もアピールしました。

ただ、打率が2割台前半と確実性にまだまだ課題が残るようです。

2年目の2018年には1軍初出場を果たし、2018年5月2日に8番捕手として先発出場して、中日ドラゴンズの笠原祥太郎投手からセンター前に初安打をマークしています。

一軍でのヒットはこの1本のみでしたが、二軍で優先的に試合出場をさせ2年目早々に一軍デビューさせるあたり、首脳陣の期待が現れており、記録には残っていない肩の強さや送球の速さでアピールできているようです。

【スポンサーリンク】

古賀優大選手の特徴、プレースタイル

バットを担ぐようにして構える一般的なバッティングフォームが特徴です。

投球と同時に左足は高く上げ、コンパクトに素早くスイングするのが持ち味となっています。

長打力はまだなく、打率もまだまだですが、それでも打点を稼ぐあたり、ここぞというときには期待できる勝負強さがあるようです。

打撃フォームはこちら↓↓

古賀優大選手のバッティングフォーム

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ヤクルトの捕手は中村悠平選手、西田明央選手につぐ3番手の捕手がいない状態が続いています。

井野卓選手や大村孟選手あたりがライバルになりますが、ぜひ勝ち抜いて一軍定着して成長を続けてほしいですね。

期待しましょう!!

【スポンサーリンク】