2018ドラフト(大学)

【2018年東京ヤクルトドラフト1位】国学院大、清水昇選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東京ヤクルトドラフト1位、国学院大、清水昇選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

国学院大、清水昇選手の略歴、出身

出身 東京都北区
身長/体重 180cm/80kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 投手
出身校 帝京高(東東京)

 

高校時代は1年秋からエースを務めていました。

2年春の都大会では優勝を経験しています。

3年春の都大会は4強、夏の東東京大会は準優勝となっています。(優勝は二松學舍大付)

甲子園出場はありませんでした。

国学院大、清水昇選手の実績

大学進学後は、1年秋からリーグ戦に出場しています。

2年春からは先発に転向し、2勝、防御率3.09の成績を残しています。

4年春までに通算11勝、172投球回、防御率2.56、奪三振率8.53を残しています。

【スポンサーリンク】

国学院大、清水昇選手の特徴

最速151km/hの直球を軸に、スライダー、ツーシーム、フォーク、カーブをあやつります。

常時セットポジションから癖のない安定したフォームで投げ込み、緩急をつけたピッチングをします。

これという決め球はありませんが、様々な変化球でタイミングを外して打たせて取る投手です。

制球面も四死球率2.77と安定しており、大学日本代表にも選出されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校、大学と実績は十分で、試合を作れる投手と評価しているプロ球団もあります。

ドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

東京ヤクルトドラフト1位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年東京ヤクルトドラフト7位】九州共立大、久保拓眞選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】