【2018年ドラフト】国際武道大、伊藤将司選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、国際武道大、伊藤将司選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

国際武道大、伊藤将司選手の略歴、出身

出身 千葉県横芝光町
身長/体重 177cm/82kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 横浜高(神奈川)

高校時代は1年秋から控えでベンチ入りし、2年から早くもエースとなり夏の県大会で優勝して13年の夏の甲子園出場を果たしています。

13年夏の甲子園では3回戦まで進みました。

14年春のセンバツにも出場を果たしましたが初戦で光星学院に敗れました。

甲子園通算では1勝2敗、防御率5.68でした。

最高成績は、夏甲子園3回戦になります。

国際武道大、伊藤将司選手の実績

国際武道大進学後は、1年春からベンチ入りしています。

1年春から主に救援として、防御率1.74でリーグ2位の成績を残しています。

2年からは先発に転向して、4年春までに21勝3敗、231.2投球回、防御率1.98を達成しています。

【スポンサーリンク】

国際武道大、伊藤将司選手の特徴

最速144km/hの直球を軸に、スライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップ、ツーシームをあやつる本格派左腕です。

スライダーとフォークを決め球に用いて、チェンジアップとカーブで緩急をつけて打たせて取るのが持ち味です。

本格派ですが、リリース時に押し出すフォームでタイミングの取りづらいフォームが特徴です。

プロ野球選手でいえば、埼玉西武ライオンズの榎田投手のような投球フォームとタイプです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オリックスのスカウトがマークしている選手です。

実績は抜群なのでドラフトで指名される可能性はそこそこあります。

期待しましょう!

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】東日本国際大、船迫大雅選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする