【2018年福岡ソフトバンク育成ドラフト3位】国士館大、重田倫明選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、福岡ソフトバンク育成ドラフト3位、国士館大、重田倫明選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

国士館大、重田倫明選手の略歴、出身

出身 千葉県八千代市
身長/体重 183cm/78kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 千葉英和高(千葉)

高校時代は1年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、リリーフとして7.2投球回、自責点0を記録しています。

2年秋からはエースを務めましたが、秋は初戦敗退に終わっています。

3年夏の大会は、4回戦で敗退しています。

甲子園出場経験はありません。

国士館大、重田倫明選手の実績

大学は東都大学野球連盟二部に所属しています。

重田選手は大学では2年時にリリーフで2試合だけ登板し、5投球回、自責点1の成績を残した以外に公式戦の記録は残っていません。

ベストナインなどの受賞歴はありません。

【スポンサーリンク】

国士館大、重田倫明選手の特徴

最速143km/hの直球に、スライダー、カーブをあやつる本格派右腕です。

投球フォームはノーワインドアップからタメを作ってテイクバックはやや小さくとり腕を振り切る癖のないきれいなフォームとなっています。

ノビのある直球で押しつつ、縦のスライダーを決め球にしている投手です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校から注目されていた選手ですが、大学では2試合しか実戦経験がありません。

実績が少ないのでドラフトで指名される可能性は少ないかもしれません。

10/25追記

福岡ソフトバンク育成ドラフト3位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年福岡ソフトバンク育成ドラフト2位】東農大北海道オホーツク、岡本直也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする