2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】駒澤大、巴山颯太郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、駒澤大、巴山颯太郎選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

駒澤大、巴山颯太郎選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 172cm/80kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 一塁手
出身校 知徳高(静岡)

 

高校時代は3年夏に5番主将としてチームを引っ張っていました。

高校通算30発の強打が魅力でしたが、甲子園出場は果たせませんでした。

駒澤大、巴山颯太郎選手の実績

2年春から一塁手でスタメンを勝ち取り、下位打線やときに4番を務めていました。

しかし3年、4年と打撃成績上位30名に名前がないことから成績が下降気味であることがうかがえます。

4年秋もベンチ入りしていることは確認しています。

【スポンサーリンク】

駒澤大、巴山颯太郎選手の特徴

野球選手としては恵まれた体格でパンチ力のある強打者です。

しかしながら2年生時をピークにここ2年は成績を残せていないようです。

打撃フォームはスタンスをやや狭めにとり、ピッチャーのリリースの瞬間、一本足打法のように足をあげて振りに行くフォームをしています。

プロ野球選手でいえば、阪神タイガースの鳥谷選手のような打撃フォームです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績がやや十分で、プロ球団からの談話もないため、指名される可能性は低いと思われます。

しかしながらポテンシャルは持っているようなので、素材として是非指名されてほしいですね。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】駒澤大、白銀滉大選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】