【2018年ドラフト】駒澤大、白銀滉大選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、駒澤大、白銀滉大選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

駒澤大、白銀滉大選手の略歴、出身

出身 千葉県柏市
身長/体重 179cm/75kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 柏日体(千葉)

高校時代は3年夏にエースとしてチームも4強に導いています。

先発だけでなく、リリーフでも登板しており、白銀投手登板した30.2回は全て無失点でしのぐ好投を見せました。

しかしながら甲子園出場はかないませんでした。

駒澤大、白銀滉大選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場しています。

主にリリーフエースとして活躍し、4年春まで一部二部の通算で3勝、101.2投球回、防御率2.19、奪三振率7.30を残しています。(防御率と奪三振率は一部通算です。)

どの学年も安定した成績を残しており、二部とはいえ3年秋には防御率1.21でリーグ2位の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

駒澤大、白銀滉大選手の特徴

最速149km/hの直球と、カットボール、スライダー、シンカーをあやつるサイド気味のすりくウォーター右腕です。

直球で押して、カットボールやシンカーで空振りを奪う奪三振が取れる投手です。

常にセットポジションから投げ込むスタイルで、左足を上げたあとに一旦タメを作って重心を下げ、小さいテイクバックで投げ込んできます。

プロ野球選手でいえば、東京ヤクルトスワローズの秋吉投手のような投げ方になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績は十分で、複数のプロ球団から評価されている選手になります。

リリーフ投手が手薄な球団からの指名がある可能性が高いです。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】仙台大、望月隆晟選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする