【2018年広島カープドラフト5位】菰野高、田中法彦選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、広島カープドラフト5位、菰野高、田中法彦選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

菰野高、田中法彦選手の略歴、出身

出身 三重県川越町
身長/体重 174cm/79kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 菰野高(三重)
17年秋実績 三重大会3回戦(●1-3三重)
18年春実績 三重大会3位決定戦(○10-9津商)
18年夏実績 三重大会3回戦(●3-4白山)
甲子園実績 なし

菰野高、田中法彦選手の実績

高校時代は1年秋からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、3番レフト兼ピッチャー兼ファーストとしてスタメン出場し、打者としては14打数7安打、打率.500、打点7の成績を残し、投手としては4試合に登板し(うち先発は3試合)、13.2投球回、被安打10、自責点9の成績で、チームを4強に導きました。

3年夏の大会は、4番エースピッチャー兼外野手として2試合に登板し(うち先発は初戦の1試合)、打者としては8打数2安打、打率.250、打点2、投手としては6投球回、被安打4、自責点4の成績を残しましたが、チームは3回戦で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

菰野高、田中法彦選手の特徴

最速152km/hの直球に、スライダー、カーブ、チェンジアップ、SFFをあやつる本格派右腕です。

投球フォームは常時セットポジションから重心を下げて思い切り腕を振り切るスタイルです。

常時140km/h台のまっすぐを中心に、持ち球の変化球をすべて用いて奪三振が奪えるのが特徴です。

3年春の大会では19.2投球回で32奪三振を奪っています。

また、打者としても高校通算29発のホームランを打っており、打撃力にも魅力があるのが特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3年夏は早々に敗退してしまいましたが、2年までに実績を残し、プロからも注目されている選手になります。

粗さはまだ目立つようですが、伸びしろが十分あるように思えるので、素材としてドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

10/25追記

広島カープドラフト5位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年広島カープドラフト4位】市岐阜商、中神拓都選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする