高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(愛知編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の愛知県勢についてまとめてみました。

愛知では愛産大三河高校が22年ぶり2回目、愛工大名電高校が5年ぶり12回目の出場を勝ち取りましたが、最近の愛知勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の愛知勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、愛知勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
愛工大名電 7(03,05~07,12,13,18) 4(99,11,15,16) 2(00,04)
中京大中京 6(00,04,09,10,15,17) 2(02,07) 3(03,08,14)
東邦 5(99,02,08,14,16) 1(18) 4(05,11,15,17)
愛産大三河 1(18) 1(06) 1(13)
至学館 1(11) なし 1(18)
大府 1(08) なし なし
弥富 1(01) なし なし
西尾東 なし 1(18) 2(12,16)
栄徳 なし 2(14,17) 2(10,16)
愛知黎明 なし 1(13) なし
愛知啓成 なし 2(08,10) 1(09)
豊田大谷 なし 1(05) なし
豊川 なし 2(03,04) 3(11,15,18)
豊田西 なし 2(00,01) 5(05,06,09,12,14)

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で7校が優勝しています。

愛工大名電、中京大中京、東邦の3強時代

愛知県勢はこの20年、愛工大名電、中京大中京、東邦が22校の出場権のうち18回を独占しています。

ここ4年は東邦と中京大中京が交互に独占していましたが、今回の第100回大会は愛工大名電が出場するので3強時代はしばらく続くのではないでしょうか。

追いかける有力校は豊田西、豊川、栄徳か?

上位の3校に割って入る可能性があるとすれば豊田西と栄徳が挙げられます。

豊田西はこの20年で7回、豊川はこの20年で5回、栄徳はこの10年で4回、それぞれ4強以上に進んでいます。

上位3校の牙城は堅いですが、豊田西と豊川と栄徳には期待を持てるのではないでしょうか。

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 東邦 1回戦
2000 中京大中京 2回戦 1勝
2001 弥富 1回戦
2002 東邦 2回戦 1勝
2003 愛工大名電 2回戦
2004 中京大中京 8強 3勝
2005 愛工大名電 1回戦
2006 愛工大名電 1回戦
2007 愛工大名電 1回戦
2008東 大府 1回戦
2008西 東邦 3回戦 2勝
2009 中京大中京 優勝 6勝
2010 中京大中京 2回戦 1勝
2011 至学館 1回戦
2012 愛工大名電 1回戦
2013 愛工大名電 1回戦
2014 東邦 2回戦 1勝
2015 中京大中京 3回戦 2勝
2016 東邦 3回戦 2勝
2017 中京大中京 1回戦

上記のとおり愛知県勢はこの19年夏の甲子園は19勝18敗となっています。

中京大中京と東邦は安定的に勝てていますが、注目すべきは愛工大名電が全ての出場において1度も初戦突破できていないことです。

今回の第100回大会こそ、まずは初戦突破してほしいですね。

近年でプロ野球に進んだ愛知の高校出身の選手は?

近年では中京大中京の堂林 翔太選手(広島)、磯村 嘉孝選手(広島)、伊藤 隼太選手(阪神)、愛工大名電の十亀 剣選手(埼玉西武)、東 克樹選手(DeNA)、東邦の岩田 慎司選手(元中日)、関根 大気選手(DeNA)、藤嶋 健人選手(中日)、享栄の大島 洋平選手(中日)、愛知の祖父江 大輔選手(中日)、豊川の森福 允彦選手(巨人)などがいらっしゃいます。

まとめ

近年の愛知勢は中京大中京と東邦が甲子園でも結果を残しています。

愛工大名電も初戦敗退続きの負の歴史を払拭して、上位進出を果たしてほしいですね。

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする