夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(東東京編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の東東京県勢についてまとめてみました。

東東京では二松学舎大付高校が2年連続3回目の出場を勝ち取りましたが、最近の東東京勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の東東京勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、東東京勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
帝京 5(02,06,07,09,11) 1(14) 3(12,15,18)
関東一 4(08,10,15,16) 1(11) 6(01,07,13,14,17,18)
二松学舎大付 3(14,17,18) 4(02~04,13) 4(09,09,11,16)
城東 2(99,01) なし 1(16)
修徳 2(04,13) 2(07,10) 2(02,05)
成立学園 1(12) なし 3(09,11,14)
雪谷 1(03) 1(09) なし
日大豊山 1(00) 2(05,15) なし
小山台 なし 1(18) なし
東海大高輪台 なし 2(08,17) なし
東亜学園 なし 1(16) 1(17)
岩倉 なし 1(01) 2(03,12)
駒大高 なし 1(99) なし

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で9校が優勝しています。

帝京、関東一、二松学舎大付の3強状態

強豪校が多い東東京勢の中で上位でしのぎを削っているのは帝京、関東一、二松学舎大付の3校になります。

00年代は帝京と関東一の2校で甲子園を分け合う状態が続いてましたが、2014年に二松学舎大付が念願の甲子園初出場をつかんで以降三つ巴の状態に突入しました。

今回の第100回大会も二松学舎大付で、帝京と関東一は4強でしたので、この状態は来年以降も続きそうですね。

都立勢の奮起はあるのか?

99年、01年の城東、03年の雪谷と話題になった都立勢の甲子園出場ですが、近年は私学の時代に戻りつつあります。

しかしながら、16年に城東が4強、今年の第100回大会も小山台が準優勝と都立校も強さを見せ始めているので、いずれまた都立校の甲子園出場も見れるかもしれませんね。

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 城東 2回戦
2000 日大豊山 3回戦 1勝
2001 城東 2回戦
2002 帝京 4強 4勝
2003 雪谷 1回戦
2004 修徳 8強 2勝
2005 国士館 2回戦 1勝
2006 帝京 8強 2勝
2007 帝京 8強 3勝
2008 関東一 3回戦 2勝
2009 帝京 8強 2勝
2010 関東一 8強 3勝
2011 帝京 2回戦 1勝
2012 成立学園 1回戦
2013 修徳 2回戦 1勝
2014 二松学舎大付 3回戦 1勝
2015 関東一 4強 3勝
2016 関東一 1回戦
2017 二松学舎大付 3回戦 1勝

上記のとおり東東京勢はこの19年夏の甲子園は27勝19敗となっています。

この20年で初戦敗退はわずか5回、8強以上が7回と圧倒的な強さを見せていますので、東東京勢の強さが分かりますね。

近年でプロ野球に進んだ東東京の高校出身の選手は?

近年では帝京の山崎 康晃選手(DeNA)、杉谷 拳士選手(北海道日本ハム)、原口 文仁選手(阪神)、松本 剛選手(北海道日本ハム)、関東一の中村 祐太選手(広島)、山下 幸輝選手(DeNA)、オコエ 瑠偉選手(東北楽天)、二松学舎大付の鈴木 誠也選手(広島)、大江 竜聖選手(巨人)、永井 敦士選手(広島)などがいらっしゃいます。

まとめ

今年の第100回大会に出場する二松学舎大付は過去2回の出場でいずれも3回戦で敗退しています。

今回の3回目の出場では、3回戦の壁を破ってさらに上位を目指してほしいですね。

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする