夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(兵庫編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の兵庫県勢についてまとめてみました。

兵庫では報徳学園が8年ぶり15回目、明石商が初出場を勝ち取りましたが、最近の兵庫勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の兵庫勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、兵庫勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
報徳学園 6(02,04,07,08,10,18) なし 5(99,06,12,13,17)
東洋大姫路 3(01,06,11) 2(03,13) なし
滝川二 3(99,12,15) なし 4(03,08,09,17)
明石商 1(18) 3(15~17) 1(08)
市立尼崎 1(16) 1(18) 1(05)
神戸国際大付 1(14) 3(02,05,07) 7(00,01,04,10,11,15,18)
西脇工 1(13) なし なし
関西学院 1(09) なし 3(07,12,14)
加古川北 1(08) 2(11,12) なし
姫路工 1(05) 2(01,18) なし
神港学園 1(03) 1(06) 3(08,10,16)
育英 1(00) なし 2(03,13)
三田松聖 なし 1(14) なし
市川 なし 2(99,10) なし
神戸弘陵 なし 1(08) 3(99,01,07)
洲本 なし 1(08) なし

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で12校が優勝しています。

群雄割拠の兵庫県勢

この20年甲子園出場回数では6回の報徳学園が頭一つ抜けていますが、20年で12校が甲子園出場しているので、どこの高校もレベルの高いところで争う群雄割拠の様相を呈しています。

今回の100回大会では、前年まで3年連続準優勝だった明石商がついに念願の甲子園出場を果たしています。

また1校甲子園経験校が増えることで来年以降もさらに熾烈な戦いとなりそうです。

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 滝川二 8強 3勝
2000 育英 4強 4勝
2001 東洋大姫路 3回戦 2勝
2002 報徳学園 1回戦
2003 神港学園 1回戦
2004 報徳学園 1回戦
2005 姫路工 1回戦
2006 東洋大姫路 8強 2勝
2007 報徳学園 1回戦
2008東 報徳学園 8強 3勝
2008西 加古川北 2回戦
2009 関西学院 2回戦 1勝
2010 報徳学園 4強 4勝
2011 東洋大姫路 8強 2勝
2012 滝川二 2回戦 1勝
2013 西脇工 2回戦 1勝
2014 神戸国際大付 1回戦
2015 滝川二 2回戦 1勝
2016 市立尼崎 1回戦
2017 神戸国際大付 3回戦 1勝

上記のとおり兵庫県勢はこの19年夏の甲子園は25勝20敗となっています。

2002年から2005年まで一時的に初戦敗退が続いたものの、それ以外はほぼ毎年初戦は突破しています。

ただ近年は2勝以上ができていないのが課題ですね。

近年でプロ野球に進んだ兵庫の高校出身の選手は?

近年では報徳学園の大谷 智久選手(千葉ロッテ)、田村 伊知郎選手(埼玉西武)、古野 正人選手(東京ヤクルト)、東洋大姫路の松葉 貴大選手(オリックス)、原 樹理選手(東京ヤクルト)、神戸国際大付の坂口 智隆選手(東京ヤクルト)、市立尼崎の宮西 尚生選手(北海道日本ハム)などがいらっしゃいます。

まとめ

甲子園では近年なかなか勝てていない兵庫勢ですが、今年の第100回大会に出場する報徳学園は甲子園経験豊富ですし、明石商にも勢いがあります。

2校とも是非上位進出してもらいたいですね。

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする