夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(岩手編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の岩手県勢についてまとめてみました。

岩手では花巻東高校が3年ぶり9回目の出場を勝ち取りましたが、最近の岩手勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の岩手勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、岩手勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
盛岡大付 8(01,03,04,08,12,14,16,17) 4(06,10,13,18) 4(05,07,09,11)
花巻東 7(05,07,09,11,13,15,18) 2(12,14) 2(03,04)
一関学院 2(02,10) 3(04,15,16) 6(01,06,07,12,13,18)
専大北上 2(00,06) 3(99,01,07) 5(02,04,14,15,16)
盛岡中央 1(99) 3(00,05,08) 2(03,09)
久慈 なし 1(17) なし
盛岡三 なし 1(11) 1(14)
盛岡一 なし 1(09) 2(08,10)
福岡 なし 1(03) 1(01)
釜石南 なし 1(02) なし

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で5校のみが優勝していますが、花巻東と盛岡大付の2強であることがまずわかります。

競い合うライバル関係の花巻東と盛岡大付

20年スパンでみると、前半の10年は盛岡大付が全盛でしたが、05年に花巻東が15年ぶりの甲子園出場を果たして以降、花巻東と盛岡大付の2強時代に突入しています。

特に2011年以降、この2校だけで甲子園出場を独占しているのが印象的です。

2011年から2015年までは交互に甲子園出場を果たしているのも面白いですね。その流れを2016年~2017年の盛岡大付の連覇で崩しましたが、今年は花巻東が甲子園出場を勝ち取ったのも面白いです。

2強に続くのは?安定的な強さの一関学院、盛岡中央と、近年復活気味の専大北上

甲子園出場はなかなか果たせていないものの安定的に4強以上に来ている一関学院と盛岡中央はさすがですね。

さらに特に注目したいのは専大北上です。

2000年代初頭までは上位の常連だった専大北上ですが、一時4強から離れる時期がありました。

これは2007年に注目を浴びた野球部特待生問題のために一時野球部が解散するという事態に陥ったのが要因ですが、そこから近年復活しているのは高校野球ファンにとってはうれしいニュースですね。

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 盛岡中央 1回戦
2000 専大北上 1回戦
2001 盛岡大付 2回戦
2002 一関学院 2回戦 1勝
2003 盛岡大付 1回戦
2004 盛岡大付 1回戦
2005 花巻東 2回戦
2006 専大北上 2回戦
2007 花巻東 1回戦
2008 盛岡大付 2回戦
2009 花巻東 4強 4勝
2010 一関学院 1回戦
2011 花巻東 1回戦
2012 盛岡大付 1回戦
2013 花巻東 4強 3勝
2014 盛岡大付 3回戦 1勝
2015 花巻東 3回戦 2勝
2016 盛岡大付 3回戦 2勝
2017 盛岡大付 8強 3勝

上記のとおり岩手勢はこの19年夏の甲子園は16勝19敗で3つ負け越しています。

2008年までは基本的に初戦敗退が続いていましたが、2009年に現埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手を擁して4強に入って以降、岩手県勢の流れが変わっています。

2013年以降は花巻東、盛岡大付ともに、毎年初戦は突破して上位に進出しているのはすごいですね。

近年でプロ野球に進んだ岩手の高校出身の選手は?

近年では花巻東の菊池 雄星選手(埼玉西武)、大谷 将平選手(エンゼルス)、高橋 樹也選手(広島)、千葉 耕太選手(楽天)、盛岡大付の伊東 昴大選手(元広島)、松本 裕樹選手(福岡ソフトバンク)、専大北上の畠山 和洋選手(東京ヤクルト)、一関一の阿部 寿樹選手(中日)、伊保内の風張 蓮選手(東京ヤクルト)などがいらっしゃいます。

まとめ

近年甲子園では毎回上位に勝ち上がるようになった岩手県勢ですが、まだ優勝も準優勝経験もありません。

しかし、着実に上位に上れては来ているので、近い将来、優勝する高校が現れるのではないでしょうか。

まず今年は、代表校である花巻東に期待しましょう!

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする