夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(新潟編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の新潟県勢についてまとめてみました。

新潟では中越高校が2年ぶり11回目の出場を勝ち取りましたが、最近の新潟勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の新潟勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、新潟勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
日本文理 8(02,04,06,09,11,13,14,17) 5(01,03,07,10,15) 1(08)
新潟明訓 5(99,05,07,10,12) 4(00,06,11,16) 4(01~03,14)
中越 4(03,15,16,18) 4(05,09,12,17) 4(02,08,10,11)
新潟県央工 1(08) なし 1(09)
十日町 1(01) なし 2(12,18)
新発田農 1(00) なし なし
関根学園 なし 1(14) 1(01)
村上桜ヶ丘 なし 1(13) 1(05)
佐渡 なし 1(08) なし
なし 1(04) 2(13,16)
柏崎工 なし 1(02) なし
新潟工 なし 1(99) 1(13)

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で6校が優勝しており、近年は日本文理、新潟明訓、中越の3強状態であることがわかります。

頭一つ抜ける日本文理

近年優勝と準優勝が20年中13回と脅威の成績を残している日本文理。

4強が1度しかないという点でも常に決勝に顔を出しているという凄さがわかります。

追う新潟明訓と中越

一方新潟明訓と中越も、4強以上という回数でいえば、新潟明訓13回、中越12回と日本文理に引けをとりません。

しかしながら優勝と準優勝に絞ると新潟明訓9回、中越8回とやや日本文理に劣ります。

これは準決勝までに日本文理に当たって敗れるなど、2校にとっては準決勝の壁がやや厚いのかなと感じられます。

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 新潟明訓 2回戦 1勝
2000 新発田農 1回戦
2001 十日町 1回戦
2002 日本文理 1回戦
2003 中越 2回戦
2004 日本文理 1回戦
2005 新潟明訓 1回戦
2006 日本文理 2回戦
2007 新潟明訓 3回戦 2勝
2008 新潟県央工 1回戦
2009 日本文理 準優勝 4勝
2010 新潟明訓 8強 2勝
2011 日本文理 1回戦
2012 新潟明訓 3回戦 1勝
2013 日本文理 1回戦
2014 日本文理 4強 4勝
2015 中越 1回戦
2016 中越 1回戦
2017 日本文理 2回戦 1勝

上記のとおり新潟県勢はこの19年夏の甲子園は15勝19敗となっています。

2009年の日本文理の準優勝は9回2死から中京大中京相手に1点差まで脅威の追い上げを見せたのが有名ですね。

なお、近年甲子園で勝利しているのは日本文理と新潟明訓のみで、中越を始め、その他の高校はすべて初戦で敗れているのが印象的です。

近年でプロ野球に進んだ新潟の高校出身の選手は?

近年では日本文理の飯塚 悟史選手(DeNA)、新潟明訓の池田 駿選手(巨人)、中越の今井 啓介選手(元広島)、新津の笠原 祥太郎選手(中日)などがいらっしゃいます。

まとめ

上記でも述べたとおり、甲子園では近年新潟勢は日本文理と新潟明訓しか勝てていません。

それだけに今年の第100回大会に出場する中越には是非初戦を突破して、上位を目指してもらいたいですね。

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする