2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】京都学園大、橋本昂稀選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、京都学園大、橋本昂稀選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

京都学園大、橋本昂稀選手の略歴、出身

出身 神奈川県横浜市
身長/体重 176cm/84kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手
出身校 地球環境高(長野)

 

高校時代は2年春から正捕手として活躍しました。

2年夏の大会は県大会4強、3年夏の大会は優勝した佐久長聖に敗れ8強どまりで甲子園出場は叶いませんでした。

当時は8番打者を主に打っていたようです。

京都学園大、橋本昂稀選手の実績

大学では2年春から正捕手を務めています。

3年春と4年春で打率.183、13安打、3本塁打となっています。

【スポンサーリンク】

京都学園大、橋本昂稀選手の特徴

打撃はあまり結果が残せていませんが、守備では二塁到達最速1秒78の強肩を売りにしています。

全国大会でも3年春に2捕殺を記録しています。

打撃に関しては打率こそ低いものの3本塁打とパンチ力は秘めているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

打撃に課題は残りますが、主将を務めているリーダーシップと強肩が評価されれば、

ドラフトで指名される可能性も出てくるのではと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】神戸医療福祉大、兼板優貴選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】