【2018年ドラフト】京都学園大、川瀬航作選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、京都学園大、川瀬航作選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

京都学園大、川瀬航作選手の略歴、出身

出身 大阪府大阪市
身長/体重 182cm/85kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 米子松陰高(鳥取)

高校時代は1年春からベンチ入りしていました。

3年夏の県大会は2回戦で鳥取城北高に敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

最高成績は県大会準優勝です。

京都学園大、川瀬航作選手の実績

大学では1年秋からリーグ戦に本格的に出場しています。

3年春からエースとなり、6勝を挙げてMVPに選ばれています。

その後3年秋は少し調子を落とすものの、4年春に調子を取り戻し5勝を挙げて再度MVPに輝いています。

3年春は防御率0.98、4年春は防御率0.88と脅威の成績を残しました。

4年春までの通算で、16勝、146.2投球回、防御率1.35を残しています。

3年春4年春にMVPと最優秀投手賞、3年春にベストナイン、4年春に特別賞を受賞しています。

【スポンサーリンク】

京都学園大、川瀬航作選手の特徴

最速146km/hの直球と、スライダー、カーブ、SFFをあやつるサイドスロー右腕です。

ワインドアップから腕を胸に降ろした際に一旦静止し、そこから左足を高く上げて勢いをつけて体全体を使って横から鞭のように右腕を振るって投げ込んできます。

基本的には真っ直ぐで打者の内角を突き、スライダーとSFFで空振りを狙う投球を組み立てています。

投球フォームは元読売ジャイアンツの齊藤雅樹選手のフォームに近いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3年春から成績を伸ばしてきた逸材になります。

独特な変則サイドスローからノビのある直球で勝負して打者を振り遅れさせる投球は魅力があります。

プロ球団からの評価されていますので、ドラフトでは指名される可能性は十分ある投手だと思います。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】京都学園大、橋本昂稀選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする