2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】京都国際高、池田将也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、京都国際高、池田将也選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

京都国際高、池田将也選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 177cm/72kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 京都国際高(京都)
17年秋実績 京都大会8強(●1-4西城陽)
18年春実績 京都大会準優勝(●3-6龍谷大平安)
18年夏実績 京都大会4強(●2-7立命館宇治)
甲子園実績 なし

京都国際高、池田将也選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、3番、6番、7番ライトでスタメン出場し、10打数5安打、打率.500、打点4の成績を残しましたが、チームは4回戦で敗退しました。

3年夏の大会は、1番センターでスタメン出場し、23打数5安打、打率.217、打点3の成績を残しましたが、チームは4強で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

京都国際高、池田将也選手の特徴

恵まれた体格の持ち主で、左の巧打者です。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームでややスタンスを広く取り、最短距離で振り切るスタイルです。

プロ野球選手でいえば、埼玉西武ライオンズの秋山選手に近い打撃フォームとなっています。

打球を広角に打ち分け、3年夏の大会で2本塁打を放つ長打力も持ち合わせているのが特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

甲子園出場経験はありませんが、高校時代の実績としては十分でプロからの評価は聞かれていない選手になります。

水面下で動いている球団があれば、素材としてドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】福知山成美高、藤田希和選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】