【2018年東京ヤクルトドラフト7位】九州共立大、久保拓眞選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東京ヤクルトドラフト7位、九州共立大、久保拓眞選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

九州共立大、久保拓眞選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 172cm/68kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 自由ヶ丘高(福岡)

高校時代は2年夏からエースを務めていました。

2年夏の大会は県大会で優勝し甲子園出場を果たしていますが、甲子園では初戦の延岡学園に先発しましたが2-4で敗戦しています。

3年夏の大会では県大会準決勝で九州国際大付高に1-7で敗れ、2年連続の甲子園出場はかないませんでした。

九州共立大、久保拓眞選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場しています。

1年春には敢闘賞と最優秀防御率(0.31)、2年秋には敢闘賞と最優秀防御率(0.63)と最優秀選手賞、3年春には最優秀防御率(1.09)とベストナインを獲得しています。

【スポンサーリンク】

九州共立大、久保拓眞選手の特徴

球速は不明ですが、スライダーとのコンビネーションで抑えていく左腕投手のようです。

ワインドアップから弧を描くようにゆったり足を上げて重心を下げながら腕を振る投球フォームとなっています。

プロ野球選手でいえば、元読売ジャイアンツの杉内投手のような投球フォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

下級生のころから実績を残していますが、4年の成績が聞こえてこないところを見ると4年時はやや調子を落としているのかもしれません。

プロからの評価も聞こえていないため、指名漏れする可能性が少なからずありますが、指名されることを期待しましょう!

10/25追記

東京ヤクルトドラフト7位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年東京ヤクルトドラフト6位】日本文理高、鈴木裕太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする