2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】九州産業大、岩城駿也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、九州産業大、岩城駿也選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

九州産業大、岩城駿也選手の略歴、出身

出身 福岡県福岡市
身長/体重 180cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 三塁手・一塁手
出身校 東海大五高(福岡)

 

高校時代は1年夏からサードのレギュラーとして活躍しました。

1年秋からは早くもチームの主軸として4番に座り、2年春に県大会優勝、九州大会8強に導きました。

3年夏の大会は西日本短大付に4-12で敗れ5回戦どまりで甲子園出場は叶いませんでした。

高校通算5発の本塁打を放っています。

九州産業大、岩城駿也選手の実績

大学では1年秋から3番ファーストでレギュラーを務めています。

1年秋は打率.432、打点10で首位打者と新人賞を獲得しました。

以降も毎年打率4割超えなどコンスタントに圧倒的な好成績を残し、4年春は打率.489、22安打、6本塁打、打点24という成績を残しました。

4年春までに通算で、打率.450、114安打、16本塁打、打点91の成績を残しています。

1年秋に首位打者とベストナインと新人賞、2年春に本塁打王とベストナイン、2年秋にベストナイン、3年春にMVPと打点王とベストナイン、3年秋にベストナインを獲得しています。

大学日本代表にも選出されています。

【スポンサーリンク】

九州産業大、岩城駿也選手の特徴

広角に力強い打球を打てる右の強打者です。

脚力があまりないので短所ですが、逆方向にも長打が打てること、安打も量産できて打率が高いことは大きな魅力の一つです。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームで、トップをしっかり作って上から球をたたく基本ができています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

打撃で圧倒的な成績を残している右の強打者になります。

強打の右の三塁手を必要としている球団からドラフトで指名される可能性がとても高いのではないかと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】日本文理大、鶴永竜治選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】