2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】前橋西高、高瀬蒼汰選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、前橋西高、高瀬蒼汰選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

前橋西高、高瀬蒼汰選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 163cm/不明kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 投手、遊撃手、二塁手
出身校 前橋西高(群馬)
17年秋実績 群馬大会1回戦(●0-10新田暁)
18年春実績 群馬大会1回戦(●0-10館林商工)
18年夏実績 群馬大会1回戦(●3-7伊勢崎商)
甲子園実績 なし

前橋西高、高瀬蒼汰選手の実績

高校時代は1年夏からレギュラーを務めています。

1年夏の大会では、初戦敗退ながら7番ショートで3打数1安打の成績を残しています。

2年夏の大会では、初戦敗退ながら1番セカンドで出場し、4打数無安打でした。

3年夏の大会では、初戦敗退ながら3番ショートで出場し、4打数無安打、またリリーフで登板し、3投球回、被安打4、自責点4の成績を残しています。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

前橋西高、高瀬蒼汰選手の特徴

打撃フォームなどの詳細の情報は不明です。

3年時にはキャプテンとしてチームを牽引していました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績が乏しいですが、1年からレギュラーで、3年時はキャプテンをしているところを見ると素質はあるのではと思います。

しかしながらプロの評価が聞こえてこないため、ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年東北楽天ドラフト5位】山形中央高、佐藤智輝選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】