2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】松本国際高、小林翔太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、松本国際高、小林翔太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

松本国際高、小林翔太選手の略歴、出身

出身 神奈川県
身長/体重 175cm/68kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手
出身校 松本国際(長野)
17年秋実績 長野大会8強(●2-19佐久長聖)
18年春実績 長野大会1回戦(●4-9佐久長聖)
18年夏実績 長野大会4強(●3-4上田西)
甲子園実績 なし

松本国際高、小林翔太選手の実績

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年夏の大会は7番キャッチャーでレギュラーを務め、15打数2安打、打率.133、打点2の成績を残しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

松本国際高、小林翔太選手の特徴

夏の大会の成績を見る限りでは打撃はやや苦手なようです。

強肩が売りなようですが、詳しい数字の情報は入ってきていないようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3年からレギュラーを獲得したものの打撃ではアピールできておらず、強肩が売りとはいえ何とも言えない選手です。

あまりにも実績が少なく、プロの評価も聞こえてこないので、ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】地球環境高、高井ジュリウス選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】