【2018年千葉ロッテドラフト8位】松山聖陵高、土居豪人選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、千葉ロッテドラフト8位、松山聖陵高、土居豪人選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

松山聖陵高、土居豪人選手の略歴、出身

出身 愛媛県宇和島市
身長/体重 189cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 松山聖陵(愛媛)
17年秋実績 愛媛大会優勝(○3-1西条)/四国大会4強(●1-3明徳義塾(高知))
18年春実績 愛媛大会順位決定戦(●2-9聖カタリナ)/四国大会1回戦(●4-11明徳義塾(高知))
18年夏実績 愛媛大会2回戦(●3-5新田)
甲子園実績 3年春2回戦(●5-8近江(滋賀))

松山聖陵高、土居豪人選手の実績

高校時代は2年秋からベンチ入りしています。

2年秋の大会は県大会を制して、四国大会も8強に進出しています。

県大会では7試合に登板し、6完投、60投球回、自責点20の成績を残しています。

3年夏の大会は、エースとして先発登板しましたが、8投球回、被安打11、自責点5の成績で、チームは初戦で敗退しました。

甲子園には3年春のセンバツに出場しており、1試合ながら、5.2投球回、被安打11、自責点8の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

松山聖陵高、土居豪人選手の特徴

最速148km/hの直球に、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップをあやつる大型本格派右腕です。

投球フォームはセットポジションから左足を上げて一旦タメを作ってから腕を思い切り振るスタイルです。

手足が長く角度のある直球を軸に、カープやチェンジアップで緩急をつける投球をするのが特徴です。

制球面がやや不安定なところが課題のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は十分で、複数のプロからの高い評価を得ている選手になります。

ドラフトで指名される可能性は十分あると思われます。

期待しましょう!

10/25追記

千葉ロッテドラフト8位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年千葉ロッテドラフト6位】習志野高、古谷拓郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする