【2018年東京ヤクルトドラフト4位】明豊高、濱田太貴選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東京ヤクルトドラフト4位、明豊高、濱田太貴選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

明豊高、濱田太貴選手の略歴、出身

出身 福岡県北九州市
身長/体重 177cm/77kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 外野手、三塁手
出身校 明豊(大分)
17年秋実績 大分大会優勝(○4-2鶴崎工)/九州大会8強(●6-10延岡学園(宮崎))
18年春実績 大分大会優勝(○14-3杵築)/九州大会準優勝(●0-13九州国際大付)
18年夏実績 大分大会4強(●4-10柳ヶ浦)
甲子園実績 2年夏8強(●9-13天理(奈良))

明豊高、濱田太貴選手の実績

高校時代は1年秋からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、3番レフトでスタメン出場し、18打数7安打、打率.389、3本塁打、打点11の好成績を残し、甲子園に出場しました。

甲子園では、15打数9安打、打率.600、2本塁打、打点9と大暴れしプロ注目となっています。

3年夏の大会は、3番ライトでスタメン出場し、15打数4安打、打率.267、打点4の成績を残しましたが、チームは4強で敗退しました。

【スポンサーリンク】

明豊高、濱田太貴選手の特徴

恵まれた体格の右の強打者です。

打撃フォームはややオープンスタンス気味で重心を落としてどっしりと構えて、ボールを呼び込んで思い切りよく振り切るすり足のフォームとなっています。

プロ野球選手でいえば、広島東洋カープの鈴木誠也選手のような打撃フォームとなっています。

長打力があることが一番の魅力で、高校通算45発のホームランを放っているのも特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は十分で、プロからも高い評価を得ている選手になります。

ドラフトで指名される可能性は高いと思われます。

期待しましょう!

10/25追記

東京ヤクルトドラフト4位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年東京ヤクルトドラフト3位】明徳義塾高、市川悠太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする