【2018年ドラフト】明治大、逢澤崚介選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、明治大、逢澤崚介選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

明治大、逢澤崚介選手の略歴、出身

出身 岡山県岡山市
身長/体重 175cm/78kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 外野手
出身校 関西高(岡山)

高校時代は強豪関西の中で1年春からベンチ入りし、1年秋に出場した神宮大会では打率.460でチームを準優勝に導いています。(優勝は仙台育英)

しかしながら2年春のセンバツ、3年夏の甲子園ではともに1安打もできずに初戦で敗退しています。

高校通算で16本塁打を記録しています。

明治大、逢澤崚介選手の実績

明治大では1年春からベンチ入りし、2年春から中堅手のレギュラーをつかみました。

2年春と3年秋に2回ベストナインを経験し、大学日本代表にも選ばれている逸材です。

チームでは主に4番を任され、3年秋のリーグ戦では打率.310を記録しています。

ここまでリーグ通算66試合の出場で、打率.302、70安打、2本塁打、28打点を挙げています。

【スポンサーリンク】

明治大、逢澤崚介選手の特徴

野球選手としてはやや小柄ですが、俊足巧打タイプのようです。

ヒットを量産できるバット技術はもちろんのこと、大学通算19盗塁の足技、遠投110mの強肩と守備範囲も広く、走攻守三拍子そろった逸材といわれています。

バッティングフォームはややオープンスタンス気味から足を上げてスイングする一般的なフォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

関西高校から明治大学で甲子園、大学日本代表と経験しており実績は十分あります。

プロが複数球団注目していることからドラフトで指名される可能性は高いと思われます。

期待しましょう!

詳しい記事はこちらもどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年東北楽天ドラフト6位】明治大、渡辺佳明選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする