【2018年ドラフト】明治大、佐野悠太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、明治大、佐野悠太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

明治大、佐野悠太選手の略歴、出身

出身 岡山県
身長/体重 171cm/75kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 広陵高(広島)

高校時代は3年夏に甲子園を経験しています。

3番サードでスタメンで出場して6打数2安打でしたが、チームは延長戦の末、初戦の三重高校で5-4で敗戦しています。

明治大、佐野悠太選手の実績

明治大では2年秋からベンチ入りしています。

4年春にレギュラーを獲得して打率.258の成績を残していますが、4年秋はここまで控えでヒットは打てていません。

ここまでリーグ通算20試合の出場で、打率.210、9安打、1盗塁を挙げています。

【スポンサーリンク】

明治大、佐野悠太選手の特徴

野球選手としては小柄ですが、俊足巧打タイプのようです。

兄は横浜DeNAベイスターズの佐野恵太選手です。

高校時代にクリーンアップを打っており、実力は十分でしたが大学で伸び悩んでいる印象です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

広陵高校から明治大学で甲子園も経験しており野球エリート街道に乗っていますが、大学では4年春以外は実績が足りない印象になります。

現時点ではドラフトで指名される可能性は低いと思われますが、期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】明治大、逢澤崚介選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする