【2018年ドラフト】名城大、栗林良吏選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、名城大、栗林良吏選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

名城大、栗林良吏選手の略歴、出身

出身 愛知県愛西市
身長/体重 178cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 愛知黎明(愛知)

高校時代は2年夏から3番ショートでレギュラーをつかみ打率.562、1本塁打、打点12で準優勝に貢献しました。

3年夏は4番ピッチャーとしてチームを引っ張りましたが、5回戦で敗退しています。

甲子園出場はかないませんでした。

名城大、栗林良吏選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場し、エースとして5勝、防御率1.69の活躍で新人王と敢闘賞を獲得しています。

4年春までの通算では、28勝、383.1投球回、防御率2.07、奪三振率7.25の成績を残しています。

1年から毎年安定した成績を残しており、防御率はほぼ1点台となっています。

16年秋17年春秋にベストナイン、15年春16年春18年春に敢闘賞を受賞し、大学日本代表にも選出されました。

【スポンサーリンク】

名城大、栗林良吏選手の特徴

最速153km/hの直球と、スライダー、SFF、カーブ、ツーシーム、チェンジアップをあやつるスリークオーター右腕です。

直球とスライダーのコンビネーションで抑えていく投手で制球面も安定しています。

常時セットポジションから投げ込むスタイルで、足を高く上げてタメを作ったあとに重心を下げて投げ込む投球フォームになっています。

プロ野球選手でいえば、東北楽天ゴールデンイーグルスの福山投手に近い投球フォームになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績は十分で、複数のプロ球団から評価されている選手になります。

ドラフトでは上位指名の可能性が高い投手だと思います。

期待しましょう!

詳しいプロフィールはこちらもどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年埼玉西武ドラフト1位】日体大、松本航選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする