2018ドラフト(高校)

【2018年千葉ロッテドラフト4位】明桜高、山口航輝選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、千葉ロッテドラフト4位、明桜高、山口航輝選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

明桜高、山口航輝選手の略歴、出身

出身 大阪府箕面市
身長/体重 181cm/85kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手、外野手
出身校 明桜高(秋田)
17年秋実績 秋田大会8強敗退(●1-6能代)
18年春実績 秋田大会3位/東北大会2回戦敗退(●6-8東北)
18年夏実績 秋田大会準優勝(●0-2金足農)
甲子園実績 2年夏2回戦敗退(●2-14二松学舎大付(東東京))

明桜高、山口航輝選手の実績

高校時代は1年夏から控え投手でベンチ入りしていました。

2年春の大会から4番を務め、打率.667、1本塁打、打点6の成績を残しました。

2年夏の大会は県大会を優勝し、甲子園出場を果たしていますが、この試合で走塁で右肩を脱臼し、以降投手としての登板はできていません。

甲子園では初戦の二松学舎大付戦でライトで出場しましたが、初戦敗退となりました。

2年春からの通算で、打率.500、26安打、6本塁打、打点24の成績を残しました。

3年夏の甲子園では打率.333、1安打の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

明桜高、山口航輝選手の特徴

最速146km/hの直球に、スライダーとのコンビネーションで抑えていく本格派右腕です。

常時セットポジションから上体をやや傾けつつ重心を下げてすばやく腕を振ってくる投球フォームとなっています。

1年秋から140km/h前後を計測していましたが、2年夏の県大会決勝で右肩を脱臼して以降公式戦では投げていません。

3年の春先から投球練習は再開しています。

打撃でも4番打者として高校通算25発を放っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

右肩の回復具合で投手として指名してくるプロ球団があるかもしれませんが、現時点では野手一本での指名を待っているといわれています。

プロから指名される可能性がある選手になります。

期待しましょう!

 

10/25追記

千葉ロッテドラフト4位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年千葉ロッテドラフト3位】早稲田大、小島和哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】