2018ドラフト(高校)

【2018年巨人ドラフト2位】明秀日立高、増田陸選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、巨人ドラフト2位、明秀日立高、増田陸選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

明秀日立高、増田陸選手の略歴、出身

出身 大阪府大阪市
身長/体重 178cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 遊撃手
出身校 明秀日立高(茨城)
17年秋実績 茨城大会優勝(○8-5霞ヶ浦)/関東大会準優勝(●5-6中央学院(千葉))
18年春実績 茨城大会準優勝(●4-7常総学院)/関東大会2回戦敗退(●1-6横浜(神奈川))
18年夏実績 茨城大会8強(●3-8土浦日大)
甲子園実績 3年春3回戦敗退(●1-5大阪桐蔭(大阪))

明秀日立高、増田陸選手の実績

高校時代は1年秋から1番ショートでレギュラーを務めていました。

2年夏は3番ショートとしてレギュラーを務め、打率.250、打点3を記録しました。

2年秋からは主将として1番ショートで県大会優勝、関東大会準優勝にチームを牽引しました。

3年春のセンバツでは打率.333、二塁打2本、三塁打1本、打点2の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

明秀日立高、増田陸選手の特徴

大きなスタンスで大きく構えて思い切り振り切るスイングをするのが特徴です。

高校通算で34発の本塁打を放っています。

50m6秒2と脚力も備えていますが、守備に粗さが目立つのが課題になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロ球団も多くの球団が注目している選手ですので、ドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

巨人ドラフト2位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年巨人ドラフト1位】八戸学院大、髙橋優貴選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】