2018ドラフト(高校)

【2018年オリックスドラフト5位】未来沖縄高、宜保翔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、オリックスドラフト5位、未来沖縄高、宜保翔選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

未来沖縄高、宜保翔選手の略歴、出身

出身 沖縄県豊見城市
身長/体重 174cm/68kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 投手、遊撃手
出身校 未来沖縄(沖縄)
17年秋実績 沖縄大会3回戦(●2-3具志川商)
18年春実績 沖縄大会優勝(○1-0興南)/九州大会4強(●1-2九州国際大付(福岡))
18年夏実績 沖縄大会4回戦(●6-7美来工科)
甲子園実績 なし

未来沖縄高、宜保翔選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年より3番ショートでスタメン出場していましたが、チームは創部したてということもあり、1年夏は2回戦、2年夏は初戦の1回戦で敗退しています。

3年春はショート兼ピッチャーとしてスタメン出場し、県大会では3試合に登板し(うち先発は2試合)、23投球回、自責点2の成績を残し、チームを優勝に導きました。

3年春の九州大会では、3試合に先発登板し、投手としては20投球回、被安打10、自責点4、打者としては10打数4安打、打率.400、打点1の成績を残し、チームは4強入りしています。

3年夏の大会は、3試合に先発登板し、3回戦までは14投球回、被安打11、自責点1の成績を残しましたが、4回戦で打ち込まれてしまい、チームは4回戦で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

未来沖縄高、宜保翔選手の特徴

打者としては身体能力に長けた左の強打者、投手としては最速147km/hを誇る右腕です。

打撃は広角に打ち分けられることが特徴で、チームでも4番を務めており、ホームランを打つパンチ力もあります。

遠投117mと肩力もあり、脚力も持ち合わせており、走攻守三拍子そろったショートです。

投手、野手ともに高い野球センスを持ち合わせています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は十分で、複数のプロ球団が高い評価をしている選手になります。

ドラフトで指名される可能性は高いと思われます。

期待しましょう!

 

10/25追記

オリックスドラフト5位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年オリックスドラフト2位】亜細亜大、頓宮裕真選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】