【2018年ドラフト】水戸葵陵高、川崎皇翔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、水戸葵陵高、川崎皇翔選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

水戸葵陵高、川崎皇翔選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 不明cm/不明kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手
出身校 水戸葵陵高(岩手)
17年秋実績 茨城大会3回戦(●3-10日立一)
18年春実績 茨城大会1回戦(●0-5竜ヶ崎一)
18年夏実績 茨城大会3回戦(●4-6土浦湖北)
甲子園実績 なし

水戸葵陵高、川崎皇翔選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は3回戦敗退でしたが、2試合3番ライトでレギュラーを務め、6打数2安打、打率.333、打点2の成績を残しています。

3年夏の大会は3回戦敗退でしたが、3試合3番ライトでレギュラーを務め、14打数8安打、打率.571、打点8の成績を残しています。

甲子園の出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

水戸葵陵高、川崎皇翔選手の特徴

打撃フォームなどの詳しい情報は不明です。

高校通算34発のホームランを放っています。

3年夏の大会は、4打数2安打1本塁打、5打数5安打の試合もありましたのではまれば固め打ちができるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績としては少し乏しいですが、素材としてはいい選手だと思います。

水面下で動いている球団があれば、素材として指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】盛岡三高、西舘洸希選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする