【2018年ドラフト】盛岡三高、西舘洸希選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、盛岡三高、西舘洸希選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

盛岡三高、西舘洸希選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 186cm/83kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 盛岡三高(岩手)
17年秋実績 岩手大会8強(●2-5盛岡商)
18年春実績 岩手大会4強(●5-10専大北上)
18年夏実績 岩手大会2回戦(●2-11大船渡)
甲子園実績 なし

盛岡三高、西舘洸希選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は3試合にリリーフで登板し、10投球回、被安打6、自責点2の成績を残しています。

3年夏の大会は、来年のドラフト候補佐々木投手擁する大船渡と初戦の2回戦で戦い初戦敗退してしまいましたが、先発して8投球回、被安打18、自責点3の成績を残しました。

甲子園の出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

盛岡三高、西舘洸希選手の特徴

最速144km/hの直球に、スライダーをあやつる本格派右腕です。

投球フォームは重心をやや低くして上から投げ下ろすフォームをしています。

春のセンバツに出場した花巻東の西舘勇陽選手は弟になります。

3年夏は8投球回で18安打されながらも3点に抑えていることからピンチにも動じない強い心臓を持ち粘れる投手です。(チームは最終的に11点取られていますが、残り8点は2番手投手が9回だけで取られた得点です。)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績も近年は県大会上位に進出していますし、素材としてはいい投手だと思います。

水面下で動いている球団があれば、素材として指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年埼玉西武育成ドラフト3位】徳山大、中熊大智選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする