2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】明星大、佐渡俊太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、明星大、佐渡俊太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

明星大、佐渡俊太選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 170cm/70kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 日大三高(西東京)

 

高校時代は3年から出場しています。

3年夏の大会は、2試合にリリーフとして登板し、2.2投球回、奪三振3、失点2を記録しています。

準決勝で東海大菅生高に6-12に敗れ4強で敗退したため甲子園出場経験はありません。

佐渡選手はベンチ外だったようですが、チームとしては1年時に夏の甲子園に出場しています。

明星大、佐渡俊太選手の実績

大学では先発1番手としてチームを牽引しているようです。

チームは首都大学野球連盟二部に所属し、4年春は9チーム中2位、4年秋は2018/10/5現在、首位に位置しています。

ベストナイン等の記録があまり残っていませんが、4年春は佐渡選手はとくに表彰選手には選ばれていません。

4年秋はここまで2試合に投げ、14投球回、自責点2の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

明星大、佐渡俊太選手の特徴

最速、持ち球の変化球など詳細の情報が入ってきていませんが、キレのある真っ直ぐを投げるのが特徴のようです。

投球フォームは常時セットポジションから足を上げた際に一旦タメを作ってから癖のない腕の振りをして投げ込むタイプとなっています。

プロ野球選手でいえば、埼玉西武ライオンズの榎田投手の投球フォームに近いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校では控えながら強豪日大三高でリリーフを経験し、、大学でも二部ながら先発一番手としてそこそこ実績を残しています。

詳細情報が少ないのでなんとも言えませんが、投球フォームは癖がないきれいなフォームで期待感を抱かされます。

スカウトが視察している投手であるのであればドラフトで指名される可能性はあるのではと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】相模田名高、渡部悠介選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】