広島東洋カープ

【広島カープ】長井良太選手ってどんな選手?特徴、出身、経歴、実績、プレースタイルとは?

どうもつっつーです。

今回の記事では、広島カープの長井良太選手ってどんな選手?ということで、長井良太選手の特徴や出身、実績、プレースタイルについて調べてまとめてみました。

この記事を読んで長井良太選手のことをもっともっと理解して応援していきましょう!

【スポンサーリンク】

長井良太選手の出身、経歴、年俸

名前 長井良太(ながいりょうた)
年齢、プロ実働年数 20歳、高卒3年目(2019年度時点)
推定年俸 520万円
生年月日/血液型 1999年1月15日/B型
身長/体重 181cm/80kg
投打 右投右打
ポジション/背番号 投手/65
出身 兵庫県神戸市
略歴 つくば秀英(茨城)-広島(2016年ドラフト6位)
アマチュア時代実績 16年夏県大会2回戦敗退

中学時代は捕手でしたが、高校から投手に転向しています。

高校時代は1年秋からベンチ入りし、2年秋からエースとして活躍しました。高校3年の夏の県大会では延長戦の末惜しくも敗退しましたが、13個の奪三振を記録しています。

長井良太選手の実績

○一軍成績

年度 登板 勝利 敗北 セーブ 投球回 四死球 三振 自責点 防御率
2017
2018 4 3.1 5 5 13.50
通算 4 3.1 5 5 13.50

○二軍成績

年度 登板 勝利 敗北 セーブ 投球回 四死球 三振 自責点 防御率
2017 15 2 2 21 18 23 23 9.86
2018 27 1 1 2 32.1 11 23 11 3.06

1年目の2017年度は一軍登板はなく、二軍で経験を積んでいます。

プロ初登板は2年目の2018年5月4日の東京ヤクルトスワローズ戦でリリーフ登板し、1/3回を無安打無失点に抑えています。

投球回と四死球の数がほぼ同じで制球面に課題があると言われています。

【スポンサーリンク】

長井良太選手の特徴、プレースタイル

最速154km/hのストレートに、持ち球はスライダー、カーブ、フォークを持ち合わせています。

投球フォームは常時セットポジションで、左足をあげてから間を作り、重心を下げてから力のある球を投げ込んできます。

フォームそのものはとてもきれいなので、リリースポイントを安定できれば課題の制球面の改善が見られるものと思われます。

投球フォームはこちら↓↓

長井投手の投球フォーム

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まだまだ二軍で実績を積む必要がありますが、力強いまっすぐが持ち味の将来が期待される若手になります。

早く一軍で三振をたくさん取っている姿が見たいですね!

期待しましょう!!

【スポンサーリンク】