2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】長野大、引木拓己選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、長野大、引木拓己選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

長野大、引木拓己選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 176cm/73kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 投手、三塁手、外野手
出身校 佐久長聖(長野)

 

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は控え野手として4試合に出場し、2試合は代打で2打数1安打、打率.500、残りの2試合は代走や守備のみ出場しています。

3年夏の大会は、2試合に控えとして試合途中から出場し、1打数無安打でしたが、チームは甲子園出場を果たしました。

甲子園では、2試合に控えとして試合途中から出場し、2打席で2四死球を奪っています。

チームは2回戦で聖光学院に2-4で敗戦しました。

長野大、引木拓己選手の実績

長野大は現在、関甲新学生野球連盟の3部リーグに所属していますが、チームが本連盟に所属したのは2017年春からのようです。

3年秋のリーグ戦では22打数11安打、打率.500、出塁率.542で首位打者を獲得しています。

大学では先発投手を務めて、投打で活躍しているようです。

【スポンサーリンク】

長野大、引木拓己選手の特徴

最速や持ち球の変化球、投球フォーム、打撃フォームは不明です。

中学時代は県No.1ショートと言われるほど有名でした。

打撃では最後までボールを見ることが出来、トップの位置が崩されないため、三振の少ない選手で、実際に3年秋は23打席で三振はわずか3つでした。

引木選手はキャプテンとして、チームを引っ張っているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校では控えでしたが、大学で首位打者を獲得したりや主将を務めるなどの実績を積んでいますが、三部リーグの結果であることと、実績がまだ少ない感じがします。

プロからの評価も聞かれないため、ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年オリックス育成ドラフト1位】新潟医療福祉大、漆原大晟選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】