【2018年ドラフト】長野大、中島健選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、長野大、中島健選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

長野大、中島健選手の略歴、出身

出身 長野県
身長/体重 180cm/75kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 一塁手、外野手、投手
出身校 篠ノ井高(長野)

高校時代は1年夏からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、5番レフトでレギュラーを務め、7打数2安打、打率.286、打点3と活躍しましたが、チームは2回戦の伊那弥生ヶ丘高戦で3-4で惜しくも敗退しました。

2年夏の大会は、出場機会がなく、チームも初戦敗退しています。

3年夏の大会は、控え投手として4試合を戦い、

打者としては途中から一塁手の守備につき、4打数2安打、打率.500、4打点の成績を残し、

投手としては3試合いずれもリリーフで登板し、5.1投球回、被安打8、自責点3の成績を残しています。

チームは3年夏に進んだ4回戦が最高成績で、甲子園出場は果たせませんでした。

長野大、中島健選手の実績

長野大は現在、関甲新学生野球連盟の3部リーグに所属していますが、チームが本連盟に所属したのは2017年春からのようです。

3年秋のリーグ戦では20打数7安打、打率.350、出塁率.409で上位成績打者10傑入りしています。(中島選手は日永選手と同率9位でした。)

なお、本塁打も1本放っています。

【スポンサーリンク】

長野大、中島健選手の特徴

最速や持ち球の変化球、投球フォーム、打撃フォームは不明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校時代の実績はそこそこながら1年からレギュラーを務める素質を持ち合わせ、大学でもリーグ戦で上位打者10傑入りするなどの実績を積んでいますが、三部リーグの結果であることと、実績がまだ少ない感じがします。

プロからの評価も聞かれないため、ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】長野大、日永信隆選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする