2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】長崎国際大、西島篤選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、長崎国際大、西島篤選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

長崎国際大、西島篤選手の略歴、出身

出身 長崎県佐世保市
身長/体重 182cm/78kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 九州文化学園(長崎)

 

高校時代は1年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、控え投手として4試合を戦い、8強に入りました。

3年の5月に行われたNHK杯では2試合連続完封勝利を記録しています。

3年夏の大会では、腰痛を発症したため、4番センター兼ピッチャーとして出場し、

打者としては19打数9安打、打率.474、打点7、

投手としては3回戦以降の3試合に登板(うち先発は2試合)し、21投球回、失点9の成績を残し、チームを4強に導きました。

高校通算で30発のホームランを放っています。

甲子園出場経験はありません。

長崎国際大、西島篤選手の実績

長崎国際大野球部は2015年からの創部になり、西島投手は1期生になります。

リーグへの加盟は2年時からになり、西島投手は2年春からリーグ戦に出場し、創部初戦で初勝利投手となっています。

2年秋には2部リーグで優勝し、MVPを獲得してチームは1部に昇格しています。

3年春は4勝、防御率1.62の好成績を残しました。

1部通算の3年春秋は、7勝、防御率1.97の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

長崎国際大、西島篤選手の特徴

最速148km/hの直球と、スライダー、カーブ、フォーク、SFFをあやつる本格派右腕です。

182cmの長身を活かして、上から投げ下ろすようなフォームとなっています。

基本的には真っ直ぐを押して、スライダーやフォークで奪三振を取る投手のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

創部の浅いチームを1部に昇格させた立役者で実績も申し分ないですが、プロからはまだ粗削りで素材型という評価のようです。

上位ではない可能性はありますが、ドラフトで指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】長野大、中島健選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】