【2018年ドラフト】奈良学園大、米満凪選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、奈良学園大、米満凪選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

奈良学園大、米満凪選手の略歴、出身

出身 大阪府堺市
身長/体重 170cm/67kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 遊撃手、一塁手、二塁手、外野手
出身校 敦賀気比高(福井)

高校時代は1年からベンチ入りを果たしていました。

2年の春のセンバツ、3年夏の甲子園では控えとして出場して、5打数4安打3盗塁の実績を残しています。

3年夏の甲子園3回戦の盛岡大付戦では9番セカンドでスタメン出場し、4出塁2盗塁の離れ業をやってのけました。

奈良学園大、米満凪選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場を果たしています。

1年春は一塁手としてスタメン出場し、打率.344、打点4、盗塁13の好成績を残しました。

その後3年春以外のシーズンはほとんど3割を超える打率をキープし、4年時には日本代表にも選ばれています。

4年春は打率.406のキャリアハイの成績を残しています。

4年春までの通算で、打率.307、61安打、打点19、盗塁51の成績を残しています。

また、2年春に一塁手でベストナイン、4年春に遊撃手でベストナイン、首位打者、MVPを獲得し、4年時に大学日本代表にも選出されています。

【スポンサーリンク】

奈良学園大、米満凪選手の特徴

野球選手として小柄ながら俊足巧打のスピード感あふれるプレーが持ち味のリードオフマンタイプになります。

主に1、2番打者を務め、50m5秒8の俊足を生かして内野安打や盗塁を多く記録しており、守備でも広い守備範囲を誇ります。

打撃フォームはバットを遊ばせて力を抜きながら最短距離で上からたたくようなスイングをします。

プロ野球選手でいえば、阪神タイガースの糸原選手のようなタイプになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長打力はあまりなさそうですが、ヒットの打ち方を知っており、盗塁技術も高いものを持っているので、プロに進めば将来のリードオフマン候補に名を連ねるのではと思います。

プロ注目と言われているので、ドラフトで指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】天理大、田中秀政選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする