2018ドラフト(高校)

【2018年千葉ロッテドラフト6位】習志野高、古谷拓郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、千葉ロッテドラフト6位、習志野高、古谷拓郎選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

習志野高、古谷拓郎選手の略歴、出身

出身 千葉県鎌ケ谷市
身長/体重 182cm/76kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 習志野高(千葉)
17年秋実績 千葉大会4強(●2-5中央学院)
18年春実績 千葉大会準優勝(●2-6木更津総合)/関東大会8強(●2-9日大三(西東京))
18年夏実績 西千葉大会4強(●5-6中央学院)
甲子園実績 なし

習志野高、古谷拓郎選手の実績

高校時代は1年から控えでベンチ入りしています。

2年秋からエースを任されましたが、直前に肘を痛めてしまい、ベンチ入りはしたものの思うようには投げられませんでした。

2年秋の準決勝は2-5で敗戦ながら8投球回、6奪三振を記録しています。

肘痛が癒えた3年春からは調子を取り戻し、春は県大会準優勝、夏は県大会4強まで進んでいます。

【スポンサーリンク】

習志野高、古谷拓郎選手の特徴

最速146km/hの直球に、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップをあやつるスリークウォーター右腕です。

平均142km/hの直球を軸に、スライダーと縦のカーブを多投して奪三振を奪います。

投球フォームは常時セットポジションから上体をやや後ろに傾けつつ重心を下げてタメを作ってから体全体を使って投げ込むスタイルです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校での実績も十分で、素材としてとても魅力的で、プロも複数球団が注目している右腕になります。

肘の怪我の回復具合次第ですが、ドラフトで指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

千葉ロッテドラフト6位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年千葉ロッテドラフト5位】亜細亜大、中村稔弥選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】