2018ドラフト(高校)

【2018年北海道日本ハムドラフト6位】成田高、田宮裕涼選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、北海道日本ハムドラフト6位、成田高、田宮裕涼選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

成田高、田宮裕涼選手の略歴、出身

出身 千葉県山武市
身長/体重 175cm/75kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 捕手
出身校 成田高(千葉)
17年秋実績 千葉大会3回戦(●2-5千葉黎明)
18年春実績 千葉大会2回戦(●5-6木更津総合)
18年夏実績 東千葉大会準優勝(●2-10木更津総合)
甲子園実績 なし

成田高、田宮裕涼選手の実績

高校時代は1年秋からレギュラー捕手としてベンチ入りしています。

1年秋の県大会では2打席連続ホームランを放つなど活躍しました。

2年春は3番に座り、打率.600以上を記録し、夏も打率.316の成績を残しています。

3年夏も3番でスタメンに名を連ねて、打率.524、2本塁打、打点12を記録しましたが、チームは惜しくも決勝で2-10で木更津総合に敗れ準優勝となりました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

成田高、田宮裕涼選手の特徴

捕手としての二塁送球の到達タイムが最速1秒84の強肩の持ち主です。

捕手ながら脚力も持ち合わせており、50mは6秒0を記録しています。

打者としても長打力を持ち合わせた巧打者で、逆方向にも強い打球を打つことができます。

2年秋からはチームの主将を務めており、キャプテンシーも持ち合わせています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校での実績も十分で、素材としてとても魅力的で、プロも複数球団が注目している捕手になります。

ドラフトで指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

北海道日本ハムドラフト6位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年北海道日本ハムドラフト5位】大阪桐蔭高、柿木蓮選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】