【2018年ドラフト】鳴門教育大、安丸友耶選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、鳴門教育大、安丸友耶選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

鳴門教育大、安丸友耶選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 177cm/80kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 川島高(徳島)

高校時代は2年夏から4番ライトでレギュラーを務めていました。

2年夏の大会は決勝で鳴門高に4-9で敗れていますが県大会準優勝しており、

3年夏の大会は初戦の城東高に9回に4点奪われ4-5でサヨナラ負けを喫して甲子園出場はかないませんでした。

この城東戦では3打数1安打1打点を記録しています。

鳴門教育大、安丸友耶選手の実績

大学では1年秋からエースを任され、

2年秋は28投球回、防御率0.64、3年春は21.1投球回、防御率2.95、3年秋は49.2投球回、防御率2.72の成績を残しています。

2年時と3年時には四国大学選抜に選出されているリーグ屈指の左腕です。

1年秋に最多勝(4勝)と最優秀防御率(0.96)とベストナイン、2年春に最多勝(4勝)と最優秀防御率(0.56)とベストナイン、2年秋に最多勝(4勝)とベストナインを獲得しています。

【スポンサーリンク】

鳴門教育大、安丸友耶選手の特徴

球速や変化球に関する情報は不明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学は2部リーグながら四国大学選抜に選ばれ、2年までは最多勝やベストナインの常連であったなど実績はそこそこ持っています。

ただプロからの評価は聞こえてきていませんので、指名漏れする可能性が少なからずありますが、指名されることを期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】佛教大、大村涼兼選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする