2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】日大国際関係、続木悠登選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、日大国際関係、続木悠登選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

日大国際関係、続木悠登選手の略歴、出身

出身 神奈川県横浜市
身長/体重 180cm/79kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 横浜商大高(神奈川)

 

高校時代は1年夏から控え投手でベンチ入りしています。

1年秋からエースを務め、秋の県大会ベスト4にチームを導きました。(準決勝の相手は東海大相模)

しかし2年になると肩を痛め再度控えに回り、エースに復帰した3年夏も初戦で横浜隼人に敗れ敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

日大国際関係、続木悠登選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場しています。

2年秋から先発を任され、5勝、防御率0.44でベストナインを獲得しました。

その後3年秋は防御率0.76、4年春は防御率1.31と好成績を残し、

4年春までの通算では、12勝、111.6投球回、防御率1.32、奪三振率8.97の成績を残しています。

16年秋18年春にベストナイン、18年春に最優秀投手賞を獲得しています。

【スポンサーリンク】

日大国際関係、続木悠登選手の特徴

最速150km/hの直球と、スライダー、カーブ、フォーク、SFFをあやつる本格派右腕です。

常時セットポジションからやや上体を傾けながらインステップでノビのある直球を投げ込みます。

スライダー、カーブ、フォークを多彩にあやつり奪三振を奪う力も十分備えています。

投球フォームはプロ野球選手でいえば、ロサンゼルスドジャースの前田健太投手に近い投げ方になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学2年の秋から伸びてきた逸材になります。

一部のプロ球団から評価されている選手になりますので、ドラフトでは指名される可能性は十分ある投手だと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】静岡大、山崎智也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】