【2018年横浜DeNAドラフト4位】日大鶴ケ丘高、勝又温史選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、横浜DeNAドラフト4位、日大鶴ケ丘高、勝又温史選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

日大鶴ケ丘高、勝又温史選手の略歴、出身

出身 東京都狛江市
身長/体重 180cm/79kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 投手
出身校 日大鶴ケ丘高(西東京)
17年秋実績 東京大会一次予選(●4-10早稲田実)
18年春実績 東京大会2回戦(●3-5創価)
18年夏実績 西東京大会準優勝(●3-5日大三)
甲子園実績 なし

日大鶴ケ丘高、勝又温史選手の実績

高校時代は1年夏から控えでベンチ入りしています。

1年秋からは5番ファーストでレギュラーを務め、2年夏の大会は5番ライトでレギュラーを務め、11打数5安打、打率.455の成績を残しました。

また、投手としても先発する試合もあり、2年夏の大会の初戦は先発して6投球回無失点に抑えています。

2年秋からエースを務め、3年夏の大会では、決勝で日大三相手に完投しながら敗れ準優勝に終わりました。

この最後の夏の大会では、投手としては6試合で25投球回で25奪三振を奪い、野手としては5番打者として打率.458、1本塁打、打点10の成績を残しています。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

日大鶴ケ丘高、勝又温史選手の特徴

最速152km/hの直球に、スライダー、カーブ、フォーク、カットボールをあやつる本格派右腕です。

常時145km/h前後の真っ直ぐに、キレのある縦のスライダーとカットボールで三振を奪う強気な投手です。

投球フォームはワインドアップから重心を下げて一瞬タメを作ってから両腕を一直線に大きく開いてから投げ込むスタイルです。

プロ野球選手でいえば、千葉ロッテマリーンズの涌井投手に近いフォームになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校での実績も十分で、素材としてとても魅力的で、プロも複数球団が注目している右腕になります。

ドラフトで指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

10/25追記

横浜DeNAドラフト4位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年横浜DeNAドラフト2位】立正大、伊藤裕季也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする