2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】日本文理大、清松紳也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、日本文理大、清松紳也選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

日本文理大、清松紳也選手の略歴、出身

出身 佐賀県
身長/体重 170cm/72kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 龍谷高(佐賀)

 

高校時代は2年秋からエースを務めています。

3年春の大会では、4試合で36投球回、防御率1.00という好成績を残しています。

3年夏の大会では、8強で敗退ながら3試合すべて先発9回完投し、27投球回、被安打15、自責点5の成績を残しています。

3回戦の伊万里農林戦は14奪三振を奪い、敗れた準々決勝の佐賀学園戦は被安打3自責点1に抑えましたが、味方の援護がなく0-1で敗れています。

甲子園出場経験はありません。

日本文理大、清松紳也選手の実績

1年から本格的にリーグ戦に出場しています。

4年春まですべて優勝を経験し、全国大会では全日本選手権で3回、明治神宮大会にも1回登板経験があります。

4年春に通算2度目の最優秀投手賞と2度目のベストナインを受賞しています。

【スポンサーリンク】

日本文理大、清松紳也選手の特徴

最速140km/hの直球と、スライダーをあやつる本格派左腕です。

投球フォームは常時セットポジションから右足は最初からオープンに構え、右足をあげてタメは作らずに素早くテイクバックを取り腕を振り切るスタイルとなっています。

プロ野球選手でいえば、横浜DeNAベイスターズの田中健二郎選手のような投球フォームとなっています。

スライダーは曲がりが大きく、空振りが取れる決め球として重宝しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は十分残していますが、球速がやや遅いためかプロからの評価は聞こえてこない不思議な投手になります。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】明治学院大、佐藤亮選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】